SILVER

アートクレイシルバーを使ってちょこちょこと造ります。
2年ほど貴金属屋に勤めていたので加工、仕上げの知識があったり、
模型を造るので粘土を扱えたりと、自分に向いている材料だと思います。
シルバーは身につけた日から磨耗していくので、『あまりきっちり造ってもなぁ…』って思います。





髑髏クロスTOP
ペンダントトップですが、携帯端末にストラップとして付けています。
引っかかりやすいデザインにしてしまったので3回程折れてしまい、今はスプリングを使っています。
髑髏が磨耗のためにすっかり宇宙人顔に…。そろそろお休みにする予定・・・。

    





髑髏インヤンTOP
上の髑髏クロスTOPと対で使うために造りました。
髑髏の裏にはインヤン(陰陽)マークの彫刻があり、このパーツが回転します。
ちなみに無宗教なので、インヤンも梵字も十字架もハーケンクロイツも『デザイン』としてしか捉えていません。
横向きなので判りにくいですが、左サイドがライオンの髑髏、右サイドがティラノサウルスの髑髏になっています。
携帯端末に付けていましたが、先日割れてしまい、今はお休み中です。
針状のパーツがあり、手を切ることも…。

    





髑髏リング
髑髏のリングって各メーカーからいろいろと出ていますが、このモチーフは自分で造らねばっ!
磨耗して顔は変わってしまいますが、それでも髑髏の顔に対する拘りがある訳ですよ。
他のモノもアートクレイシルバーで造っていますが、これは丈夫だなぁ…。
右手中指に装着。

  





WINGリング&ハートリング
もともとはハートに天使の翼と悪魔の翼が生えているリングでしたが、見事割れてしまいまして…。
リングは強度が重要だなぁと実感しました。
無地の平打リングのモチーフを溶接して2つのリングとして蘇らせました。
悪魔の翼は上の髑髏クロスTOPと一緒に携帯端末のストラップになっています。

    





髑髏コンチョ ラピス
今はコインケースに付けています。
髑髏の顔としては一番気に入っています。
左目にだけラピスラズリの目をはめ込んであります。
以前キーホールダーに付けていたとき道端に落とし、車に轢かれてしまいました。
周りの皿状の部分は割れ、額にも傷が付きましたが本体は大丈夫。
かわいそうなのでポケットに入れるコインケースにお引越し。

  





髑髏コンチョ エッヂ
ラピスの方と差別化を図るためにエッヂを効かせて造りました。
・・・ゴツイ。
これを造っている間にラピスが轢かれ、
『シルバーのコンチョはポケットの中に入れるアイテムにしか付けない』事にしたので
できあがったものの行く先が無く、コインケースの中で硬貨と鎬を削り合っています。





ウシ君髑髏コンチョ
ワレット用。
僕が革細工を始める前にFreeBirdの宮川さんに造って頂いたワレット用に造りました。
こちらのワレットも使える状態で保管していますが、
自分でワレットを造った時にコンチョは連れてきました。
だって新しく造るの面倒なんだもん。

    





ドラゴンエンブレム
シルバーじゃないんですが。
ドラゴンを真鍮に透かし彫りにし、銅と溶接。更に腐食液で腐食させて渋みをだしました。
キーケースを造る前はキーリングとして使っていました。





デカコンチョ
昔の携帯端末から画像を引っ張り出せました。
Free Bird からの依頼でお客さん用のコンチョを造らせて頂いたのですが…。
直径6〜7cmというサイズ、しかも文字も入れて欲しいとのことでした。泣きそうでした。いや、泣きました。
僕が造ったのは大きいコンチョのみで、メディスンバッグ本体はFree Bird製です。

  





《SILVERのページの一番上に戻る》     astrojet TOP PAGE に戻る

inserted by FC2 system